water_g1ステロイドの中でも作用がとても強い「最強」クラスの位置にいるジフラール軟膏。

このお薬は様々な炎症を迅速に鎮めて、強力な作用により症状を改善させます。

ただし、これ以上はないというほど強いお薬になりますので、使い方には様々な制限が設けられています。

そこで、今日はジフラール軟膏は顔や陰部に使用しても良いのかについてお話していきましょう。

そもそもステロイドは顔や陰部に使えるの??

副腎皮質ホルモン剤と言われているステロイド薬は、症状に応じて顔や陰部にも処方されています。

顔や陰部にステロイドが必要になる時というのは、

  • 炎症や赤みが強い
  • 痒みが強い
  • 症状が改善されない(悪化している)
  • 日常生活に支障をきたしている
  • 他の皮膚疾患と併発している

このような時で、基本的には顔や陰部へのステロイド処方はかなり慎重に行われます。

ステロイドには、5段階の強さがありますが、1番作用が強いものを1群。
最も作用が弱いものを5群としており、1群と5群というステロイドは、強すぎたり弱すぎたりするため、基本的にはあまり外来で処方されません。

2~4群のステロイドを段階的に顔や陰部に使用していき、症状の経過を見ながら改善されない場合には薬を変更していきます。






顔に使われているステロイドで最も一般的なのが、

  • ロコイド軟膏
  • キンダベート軟膏
  • パルデス軟膏

このような4群の中程度の作用が期待できるステロイドで、赤ちゃんにも処方される副作用などのリスクの低さが特徴的です。

また、陰部に処方されているステロイドで最も一般的なのが、

  • ロコイド軟膏
  • リンデロンVG軟膏
  • ボアラ軟膏

このような4~3群のステロイドが多く、小児に関しては3群のリンデロンVG・ボアラというステロイドの陰部への使用は原則的に禁止です。

ws000043ジフラール軟膏は、1群の最強と言われているステロイドとなりますので、大人も子供も使用は厳禁です。

作用がとても強い反面、副作用のリスクもかなり上がってしまう「諸刃の剣」のような外用薬と考えていただけるとわかりやすいと思います。

基本的にジフラール軟膏が処方される場合は、皮膚吸収率が低いとされている手足などの皮膚の厚みがある部分で、顔や陰部という吸収しやすい場所には処方されません。





  • ジフラール軟膏の副作用
  • ジフラール軟膏とあせも、水虫
  • ジフラール軟膏を顔や陰部
  • ジフラール軟膏は市販可能か
  • ジフラール軟膏の効果
  • ジフラール軟膏とアトピー性皮膚炎
  • ジフラール軟膏と皮膚炎群