比較的誰でも処方されたことがある外用薬が、アズノール軟膏です。

このお薬は、子供からお年寄りまで幅広く使用できるという特性があるので、皮膚科だけではなく内科や外科、小児科でも処方されているお薬です。アズノール軟膏

それでは、アズノール軟膏とは一体どのような症状に処方され、どんな効き目があるのでしょうか。まずは、このお薬の基礎知識をみてみましょう。

“アズノール軟膏ってどんなお薬!?

アズノール軟膏は、植物由来のステロイドを含まない外用薬です。

カモミール

ステロイドというのは、副腎皮質ホルモンのことを言い、免疫系等の調整や炎症を抑える効果に優れているお薬のことを指しますが、効果がある分、副作用も懸念されているお薬です。

アズノール軟膏は、ステロイドを含まない抗炎症薬と言われており、効きめは穏やかですが、あらゆる症状にじっくりと効果を発揮します。






そして、ステロイドとは違い、長期にわたり使用可能だというのも大きな特徴ですね。

ステロイドの場合は、長期間の使用で皮膚の黒ずみや毛嚢炎などの副作用が報告されていますが、アズノール軟膏は長期間連続して使用しても、ステロイドのような副作用が出にくいため安心です。

どんな皮膚炎に効果的なの!?

アズノール軟膏は全身どこへでも使用が可能です。
そのため、使用できる用途が非常に幅広いという特徴があるのですが、
checklist-icon

  • やけど
  • 湿疹
  • 軽い掻き壊し
  • 皮膚の赤み

このような皮膚炎に対して処方されるケースが多いようです。
また、摩擦による擦り傷などにもアズノール軟膏は有効です。




例えば、女性が子供を出産する際に会陰に擦り傷ができてしまうことがあります。
初産の女性の場合は、大きく裂けてしまい縫合などの処置が必要になりますが、経産婦の方は比較的会陰の損傷が軽いケースが多く存在します。

その場合は、出産後にアズノール軟膏を処方して会陰部分に塗布する病院も多いでしょう。

子供の湿疹にも安心して使用できる

145252
アズノール軟膏は、ステロイドを含んでいない抗炎症作用があるため、小さなお子さんでも安心して使用が可能です。

子供のちょっとしたやけどから掻きむしりに至るまでアズノール軟膏は幅広く使用可能です。

また、新生児ニキビなどの赤ちゃんの肌荒れにもアズノール軟膏は処方されるケースが多いでしょう。
顔やデリケートゾーンまであらゆる場所に使用でき、さらに安全性が非常に高いので、ステロイドを必要としない程度の炎症には最適なお薬です。

追伸、頭皮湿疹ってしってます?頭皮湿疹の原因についてのサイトもおすすめです。いろいろ勉強になりますね。

免責事項

アズノール軟膏の情報の掲載については、新日本製薬様のHP(http://www.nippon-shinyaku.co.jp/)を参考に執筆・編集したものになります。掲載されている情報は個人の学習した情報となりますので参考程度でみておいてください。

こちらの情報で発生した損害等は、サイト管理者は一切責任を負いかねますので自己責任の範囲内でご活用頂ければ幸いでおございます。新日本製薬様の今後の発展を応援致します。