副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の中でも、最強と言われている1群のランクに入る「デルモベート軟膏」ですが、この外用薬が日常的に処方されるケースは多くありません。

ステロイド剤には5段階の強さがあり、症状や年齢、部位などにより医師が処方薬を使い分けています。

今日は、デルモベート軟膏の強さがどの程度の症状に処方されているのかや、ステロイド剤にはどのような種類があるのかをご紹介して行きましょう。
ステロイドとは?(TOPページへ)







デルモベート軟膏が処方される場合とは

デルモベート軟膏が処方される場合は、かなり重度の皮膚炎を患っている可能性が予想されます。
例えば、ステロイド剤が得意とするアレルギー性の皮膚疾患であっても、

  • 今までのステロイド剤で改善されない
  • 炎症がかなり強い
  • 大人である
  • 顔または陰部を除く箇所

このような条件が揃っていて初めてデルモベート軟膏が処方される可能性が高いでしょう。

デルモベート軟膏をはじめとする1群の位置に属しているステロイド剤は、「ジフラール」「ダイアコート」など種類がありますが、どの薬に関しても効果が高い分リスクが高いハイリスク・ハイリターンとなっているので、使用にあたっては細心の中止が必要不可欠です。

また、虫刺されなどの炎症を抑える際に処方されることが多いステロイド剤ですが、デルモベート軟膏が処方されるということは、通常の蚊に刺されたというレベルではなく、かなりアレルギー性の高い虫に刺された場合や、炎症箇所が尋常ではない炎症を引き起こしているケースに処方されます。

ステロイド剤は、効果が高い薬ほど症状を緩和してくれると思いがちですが、これは誤った情報であり、デルモベート軟膏のような1群のステロイドでなくても、3群程度のお薬で十分効果を発揮する場合もあります。

ステロイドの強さ=効き目が高い

このように考えるのではなく、

ステロイドの強さ=症状が強い

このように考えるようにしてください。

逆に、1群などの強いステロイド剤を使用したことで、皮膚を薄くする副作用や、発疹などを引き起こす可能性も否定できませんので、必ず医師が診断した箇所にのみ使用することを徹底しないといけません。

また、デルモベート軟膏などの1群ランクのお薬は小児の使用を控えるように言われていますので、必ず小児の手に届かない場所で保管するのが大切です。

出典元・参考元情報

デルモベート軟膏のメーカーサイト
http://jp.gsk.com/
すららしいお薬ありがとうございます!

興味のあるサイト

飲む日焼け止めって?体内から日焼けのダメージを防ぐ時代のようです。
ポルクサプリメントについて

葉酸って凄いって知ってますかあまり聞かない言葉ですが必須度はMAX