率直に申しますと「プレドニゾロン」は市販でも購入できます。種類にもよりますが、自己責任で個人輸入代行(通販)も可能となっています。
ステロイドの一種であるプレドニゾロンですので、十分な効果を期待したいのであれば病院で処方されたプレドニゾロンを使用した方が良いです。

【プレドニゾロンの入手方法について】

先ほども説明しましたように「プレドニゾロン」の入手方法には、市販・個人輸入代行(通販)などがあります。市販の場合は近所のドラッグストアや薬局で、医師の処方箋なしに購入することができますが、市販のプレドニゾロン(軟膏など)は種類が多いため、症状によって使い分ける必要があります。

痒みを抑えたいのに炎症を抑えるのに特化したプレドニゾロンを使用してもあまり効果は得られません。薬剤師の方に症状を説明して、適切な種類を紹介してもらうようにしましょう。

個人輸入代行(通販)の場合は、軟膏タイプだけでなく、錠剤タイプなど様々なタイプが購入可能となりますが、日本国内で販売されているものでは無いので安全性ほ保障はできません。市販と同じく処方箋の必要が無いため、病院を受診する手間や費用が省けますが完全な自己責任となるのでよく検討してから購入するようにしましょう。







市販のプレドニゾロンにはステロイド以外の成分も入っている!?

市販のプレドニゾロンにはステロイドの他に、抗生物質や痒みを抑える成分などいくつかの成分が配合されている事が多いです。

種類が豊富で、気軽に購入できるメリットがありますが、ステロイド以外の成分も配合されているので心配な方は病院で処方してもらうプレドニゾロン薬を使用するようにしましょう。

市販のプレドニゾロン軟膏には「ボラギノールA軟膏」や「デルマレチゾンPV軟膏」、「皮膚炎薬メディストロ軟膏」、「エンクロン軟膏EX」、「オイラックスPZ軟膏」などがあります。価格は1,000円前後で通販でも購入することができます。
※プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、プレドニゾロン酢酸エステル等が配合

プレドニゾロン錠は病院で処方されたものを服用しよう!

錠剤タイプのプレドニゾロンは全身性の副作用の危険もあるため、医師の受診のもと、病院できちんと処方されたものを服用するようにしましょう。先ほども説明しましたが、個人輸入代行(通販)でプレドニゾロン錠を購入する際は自己責任であること、日本国内で販売されている錠剤では無いことなど大きなリスクを負う事を忘れないでください。通販で購入した場合、価格は3,500円前後となります。