若い女性のあいだで話題になっているゲンタシン軟膏ですが、この薬は一体なんなのかをあなたはご存知ですか?

ゲンタシンについて説明する女性

多くの方が、「なんとなく皮膚科で処方されたから使用している」というような感じだと思います。病気によっては効果を実感できなかったという方もいると思いますので、今日はゲンタシン軟膏というお薬がどのような薬なのかについてお話していきたいと思います。

ゲンタシン軟膏は抗生物質である

私たちは、熱が出たり強い風症状に悩まされたりすると、お薬を求めて病院を受診しますよね。そして、症状によっては処方されるのが抗生物質です。抗生物質とは、菌をやつける作用を発揮するお薬で、様々な種類があります。

抗生物質種類例

  • ペニシリン系抗生物質
  • ニューキノロン系抗生物質
  • セファム系抗生物質
  • アミノグリコシド系抗生物質

他にも様々な種類があり、どの抗生物質も菌を撃退する作用があります。
抗生物質に種類がある理由は、どの種類にもメリット・デメリットがあることから、病気によって作用するものとしないもので分かれているからです。

例えば、抗生物質で一番有名なのがペニシリンですが、ペニシリンはブドウ球菌などの菌を得意とする一方、マイコプラズマなどの菌には効果を発揮しないというデメリットがあります。このように、どんな抗生物質でも良いわけではなく菌との相性なども重要となってきます。

ゲンタシン軟膏は、アミノグリコシド系の抗生物質となっており、内服として使用されることはほぼないと言われている抗生物質です。 内服されない理由としては、消化器官からの吸収が難しいとされている抗生物質だからです。

ゲンタシン軟膏が効果を発揮する病気とは!?

ゲンタシン軟膏は、細菌の増殖を防ぐのに効果的な薬で、爆発的に増殖しやすいと言われている「とびひ」や「ヘルペス」などの治療に効果を発揮します。









とびひ

正式な病名は伝染性膿痂疹と言われており、火が飛んだように次々と伝染していくことからとびひといわれている。

ヘルペス

正式な病名は、単純疱疹または帯状疱疹と言われており、ストレスや抵抗力の低下により感染しやすくなる。 一度感染すると、再発が懸念されているのが大きな特徴。

他にも、肌荒れとして代表的なにきびの治療としても効果を発揮します。

このように、細菌を撃退する効果の高いゲンタシン軟膏ですが、アレルギー性の皮膚疾患(アトピーなど)には効果を発揮しないため、保管して使用する際には十分注意してくださいね。

知られざる葉酸のすごい秘密を知りたい方はこちら

ゲンタシン軟膏のメーカー「シェリングP」さまです。参考文献としてGoogle検索、各サイトをみてまとめたものになります。