数多くあるステロイド剤の中でも、2群のvery strong(非常に強い)に分類されているトプシム軟膏。

トプシム軟膏は、皮膚の炎症を速やかに解消し、掻きむしりによる症状悪化の改善に役立ちます。

アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の症状の改善に使用されている、すばらしいお薬トプシム軟膏の効果効能をご紹介します。

トプシム軟膏の効能とは

トプシム軟膏は、湿疹・皮膚炎群や痒疹群、乾癬、掌蹠膿疱症、悪性を含む円形脱毛症、尋常性白斑などに効果的です。

※細菌やウイルスそして真菌(カビ)などによる皮膚感染症には、ステロイド剤は原則として用いることはありません。
水痘(水ぼうそう)や帯状疱疹、単純疱疹などには特に禁忌とされています。

トプシム軟膏の働きとは

観葉植物トプシム軟膏はステロイド外用薬で、炎症を鎮める効果が高いことで知られています。

アトピー性皮膚炎や乾癬などの湿疹や皮膚疾患に使用される薬ですが、皮膚の炎症を短期間で抑えるだけではなく、赤みや腫れなどの症状を速やかに改善し、皮膚炎に伴うかゆみや痛みを和らげる働きあります。











皮膚のトラブルが起きてしまった後に使用する対処療法薬ですが、皮膚の状態を改善するだけではなく、掻きむしって悪化するのを防ぐこともできます。

トプシム軟膏の作用について

ステロイド剤を急性期の短期間に正しく使用することで、皮膚の症状を速やかに改善し悪化を防ぐことが出来ます。

内服薬と異なり、外用の塗り薬ですので、患部に直接作用し全身の副作用が殆どないとされています。

トプシム軟膏の臨床試験

幼児に対する中長期的な臨床試験でも、有効性が示されていますが、注意したいのは医師の指導の下症状によって外用薬を使い分けているということです。

長期間使用を続ければいいというものではなく、その時の皮膚症状にあわせて適切な強さと量のステロイド剤を使用することが大切なポイントです。

10年以上の長期使用時におけるデータはまだ少ないとされ、安全性や予防改善効果については、今後も注意深く情報収集を行い適切な使用を心がけましょう。

まとめ

看護婦トプシム軟膏は、非常に強いステロイド剤です。

正しく使うことで効果を発揮しますが、間違った使い方をするとかえって症状が悪化したり、ステロイド皮膚症などの症状があらわれる恐れもあります。

医師の指導の下用法や用量を守って正しく使うように心がけてくださいね。

使用方法や注意などは、他の記事でご紹介していますので、ご利用になる前に是非ご一読ください。

ステロイドの強さについて

トプシム軟膏の使い方について

トプシム軟膏の副作用について
 

お気に入りサイトから

プラセンタって奥が深いですね。最近いろいろなサプリメントを試してますが、胎盤の神秘性と歴史におどろきです。
http://プラセンタとは.com/(http://xn--o9jo0uqa2jqe1c.com/) 面白いです。

編集後ブログ

本サイトは、田辺三菱製薬株式会社様の開発した素晴らしい薬について、個人的に学習してブログ化したサイトとなります。
田辺三菱製薬株式会社様の今後はってんをこころより応援いたします。すばらしいお薬ありがとうございます。
参考文献:http://medical.mt-pharma.co.jp/di/

なお、本記事に関する内容は個人が学習した内容のため皆様のお役にたてる内容であればと思いますが、記載されている内容については一切責任を負いかねますので自己責任の範囲でご回覧頂ければと思います。ありがとうございます。