比較的乳幼児でも処方されることが多いのが、この「ロコイド軟膏」です。

ロコイド軟膏は。子供のちょっとした湿疹や掻き壊し。
そして、虫刺されなどにも処方されているとても一般的な知名度の高いお薬なのですが、このお薬には一体どのような作用があるのでしょうか。

今日は、ロコイド軟膏についてのお話をしていきたいと思います。

ロコイド軟膏ってなに?

ロコイド軟膏とは、ステロイドという種類のお薬になります。

ステロイドとは、私たち人間の体内に存在する女性ホルモンや男性ホルモンと同じ「副腎皮質ホルモン」の一部と同じ成分で、主に体の免疫系を調整したり、体の炎症を抑える効果が期待できます。

ステロイドというと少し構えてしまう方も多いですよね。
その背景には、ステロイドは体に害を与えるイメージを世間一般的に持たれているからです。

しかし、ステロイドには様々な種類があり、年齢や症状など的確な診断で処方されている薬に関してはそこまで怯える必要はありません。

ロコイド軟膏は、ステロイドの中でも「中程度」という分類にあてはまるお薬で、ステロイドの強さを1~5群の5段階で示した時に最も弱いと言われている5群の1つ上である4群に属します。
checklist-icon
ロコイド軟膏と同レベルのステロイドは、

  • キンダベート軟膏
  • アルメタ軟膏
  • ケナコロトA軟膏

このようなステロイド薬となっており、いずれも皮膚科のみならず小児科でも多く処方されています。








ロコイド軟膏はどんな箇所に使用される?

虫刺され湿疹や虫刺され。
そして、アトピー性皮膚炎の方の掻き壊しなどにも効果的なロコイド軟膏ですが、ステロイドとして効き目が優しいため、顔などの皮膚吸収が早い場所にも適応されます。

そして、驚く方も多いと思いますがロコイド軟膏は唇にも処方される場合があります。
例えば、唇がただれてしまっていたり切れてしまい出血をおこしているような状態の時にロコイド軟膏は効果的です。
もちろんステロイドなので、たくさん舐めても大丈夫というわけではありませんが、短期間の集中的な治療としては非常に高い効果を発揮してくれます。

後はデリケートな陰部にも処方されるケースがあります。

ポイントロコイド軟膏が効かなかった場合の対処法
先ほどお話したように、ロコイド軟膏は強いステロイド薬ではないため、症状によっては効果を実感できないケースもあります。
そんな時は、ロコイド軟膏を処方してくれた担当医に相談して、ステロイドの段階を1つ上げてもらうのも効果的です。