虫に刺されることが多い
湿疹が定期的に発生する
アトピー性皮膚炎で痒みが辛い
こんな時は、病院を受診して適切な薬を処方してもらうのが一番良いのですが、仕事が忙しかったり、病院で検査を勧められるのでできれば行きたくないというケースの場合、リンデロンを簡単に入手できる方法を探している方は多いと思います。 そこで、リンデロンを病院以外で入手できる方法についてご紹介します。

・リンデロンの入手法

通販

リンデロンは、インターネットの通信販売でも購入が可能です。 例えば、

「ファミリー薬局シンガポール」
リンデロンVG軟膏0.12%(5g)×10本 
販売価格4580円

ここでは、簡単にネットから処方箋なしでリンデロンVG軟膏が購入可能です。
ただし、今までリンデロンVGの使用経験がない方には勧められません。

「薬局アットマーク」
リンデロンVG軟膏0.12%5g 1本 
販売価格724円
※店頭販売のみ

通信販売ではなく店頭販売になりますが、処方箋は必要ありません。 薬剤師と相談して購入が可能です。 このように、病院を受診して処方箋を入手しなくても購入は可能です。 リンデロンVG軟膏は、ステロイドと抗生剤の混合役のため、比較的用途が多く使いやすいという特徴があります。












リンデロンと同じような作用を市販品で探したい場合

フルコートF

リンデロンは基本的に市販されていないお薬ですが、市販品で同じような効果を持つ薬も販売されています。 例えば、女優の黒木瞳さんがCMされているフルコートFですが、このお薬はリンデロンVGのように、炎症や痒みを抑える成分と、殺菌作用が配合されている薬になりますので、虫刺されなどにも効果的です。

成分は、 フルオシノロンアセトニド(合成副腎皮質ホルモン) 0.25mg、フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) 3.5mg、パラベン、ラウリン酸ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、サラシミツロウ、ワセリン と、このようになっており、薬局などで入手可能です。
フルコートF以外にもリンデロンVGの類似品は「ベトネベートN軟膏」なども存在しますので、基本的には気軽に入手可能です。
ただし、市販品は保険が適応されないためリンデロンVGよりも購入価格が高めです。

また、ステロイドのみ抗生剤のみの方が効果を発揮する場合もありますので、初めての使用は必ず病院を受診するように心がけて下さい。