笑顔の女の子子供から大人まで、乾癬・湿疹・アトピー性皮膚炎などの治療に処方される「プロパデルム軟膏」なんですが、このお薬が一体どのようなお薬なのかあなたはご存知ですか?

どのような効果を発揮し、またどのような使い方をするべきなのか。
今日は、そんなプロパデルム軟膏の基礎知識をわかりやすくご紹介していきます。

プロパデルム軟膏とは

プロパデルム軟膏は、合成副腎皮質ホルモンと言われている「ステロイド剤」となります。
ステロイドには5段階の強さがあり、症状や部位・年齢などによりそれに見合った強さの薬が処方されていますが、1群が最も強く、5群が最も弱いステロイドとなります。

1群や5群といった極端な薬は一般的な外来ではあまり処方されることがなく、小児科などを中心に4群が多く処方され、3群~2群に関しては皮膚科で一般的に処方されています。

プロパデルム軟膏は、3群の位置に存在するステロイド薬で、同じ効果を持つ薬は「ボアラ」や「リンデロンV」などが挙げられており、強力な効果を持ちながらも副作用が比較的穏やかなため、使いやすいと言われています。












プロパデルム軟膏の作用

プロパデルム軟膏は、アレルギー性の皮膚炎に高い効果を発揮し、痒みや炎症を迅速に鎮静します。
あせもや虫刺されなどにも使用されており、子供の場合は顔や陰部を除く全身に使用が可能です。

継続使用期間は子供の場合は1週間以内。
大人の場合は2週間以内が原則で、基本的には医師の指示に従って使用していきます。

プロパデルム軟膏の使用を控えたほうが良い例

プロパデルム軟膏の使用を控える。もしくは、医師や薬剤師に相談しないといけない例は、

  • 妊娠中もしくは授乳中である
  • 過去に薬の使用により痒みや炎症が悪化した
  • 皮膚感染法を患っている
  • 顔や粘膜への使用
  • 他のステロイドを既に使用中である

このように言われており、必ず医師の診断に従って薬の使用を始めてください。

まとめ

医者プロパデルム軟膏は、化粧下地に使用したり、ひげ剃り後の保湿剤としての使用などを禁じていますが、それ以外には特に身構えることなく比較的気軽に使用可能なステロイドとなります。

用法や用途を誤ると副作用のリスクが高まりますが、しっかりと指示に従いながら使用することで皮膚炎の改善に大きく貢献してくれますので、自己判断での使用は避けて、症状の改善に役立てましょう。