通常プレドニンの副作用としては、発熱、吐き気、気分の低下、関節痛など風邪を引いた時のような症状がおこるケースがあるとされていますので、これらの症状がでる場合は、医師に相談したほうがよいです。

その他、薬で太るのはなぜ?

悩む女性プレドニンをはじめとするステロイド薬の副作用としてむくみや食欲増進などの副作用があります。

この副作用の影響で太ったり、顔がむくんだりするなどの副作用が発生します。また、ステロイドを使用すると筋肉量が落ち、脂肪を溜め込みやすくなります。そのため、筋肉が無くなり脂肪が増えることで太りやすくなります。

主にこれらの副作用は長期連用によって起こることが多いです。脂肪の異常沈着と呼ばれる症状が起きてお腹が太ったり、顔がむくむムーンフェイスなどが発生します。

ステロイドの内服薬を使用する場合は、現在起きている疾患を治すことが最優先とされているので、これらの副作用が起きても落ち着いて対処しましょう。










出現時期 いつから出てその期間はどれくらい?

カレンダープレドニンなどのステロイド薬を長期連用すると副作用が発生しやすくなります。1日の服用回数が多い人などはさらに確率が上がります。主に副作用は、長期連用をすると徐々に副作用が現れてきます。

その後、症状が寛解に向かいステロイドの服用をやめると副作用もなくなります。

ステロイドの服用によって起きた体重増加やムーンフェイスなどは症状が治まってくれば副作用も治まります。

服用期間中は副作用が怖いという方もいますが、症状が治れば元の状態に戻るので安心して使用しましょう。
このほかの副作用に関しても同じように服用を止めれば治るので症状が良くなるまで医師の指示のもと服用するよう
にしましょう。

ムーンフェイスを解消するには?

ステロイドの服用中に最も困るのがムーンフェイスですよね。ムーンフェイスは顔に脂肪がつく副作用なので、女性にとっては厄介な副作用です。

基本的にムーンフェイスはステロイド薬の使用を中止すれば治るので、症状が緩和するまで服用を続けて適切に対処すれば解消することが可能です。もし、服用最中にムーンフェイスを解消したい場合は、リンパマッサージなどでむくみを解消する方法があります。

また、服用中は太りやすいのでできるだけウォーキングなどの有酸素運動を行うことで副作用のムーンフェイスや体重増加を防ぐことができます。それでも、ステロイド薬を服用している最中は副作用を防ぎにくいので、できるだけ医師の指示に従って薬を服用して病気や疾患を治すようにしましょう。