医者プレドニンは喘息に効果があるのか気になる方も多いと思います。喘息に内服薬としてステロイドを用いる場合は重症の場合が多いです。そのため、プレドニンが処方された時点で医師の指示に従い正しく服用する必要があります。また、一般的に喘息に処方されるのはプレドニンではなくステロイドの吸引薬である場合が多いです。
ステロイドの吸引薬なら炎症を起こしている粘膜に直接薬を届けることができるため、長期使用でも副作用が少ないのが特徴的です。
喘息の発作をできるだけ吸引薬で抑えることで、大きな発作を回避することができます。

喘息が起きたら吸引薬を使う癖を使うことで大きな発作につながらないように対処することができます。

一方、喘息の発作などにプレドニンをはじめとする内服薬を使用してしまうと、一時的に症状は治まりますが副作用が発生することがあります。喘息による発作を抑えることができますが、長期使用による副作用が発生する可能性もあり、小さな発作で使用するのは控えた方がいいでしょう。

喘息にプレドニンを用いる際は、重症化している場合が多いので医師の指示のもと適切に使うようにしましょう。慢性的な喘息を持っているなら吸引薬を利用しながら喘息をコントロールしていくといいでしょう。











花粉症はどうか?

女医花粉症は主に抗ヒスタミン薬というアレルギー剤などが処方されることが多いです。花粉症の原因であるアレルギーの症状を緩和させてくれる薬です。そのほかにも、ステロイド点鼻薬などが処方される場合もあります。

こちらは、直接鼻の粘膜に使用するもので主にアレルギー性鼻炎などで処方されるものです。そして、症状の度合いに応じて抗ヒスタミン薬とステロイド薬の合剤などが処方されることがあります。非常に効果的ですがステロイドの副作用があるため短期的な改善のための使用のみとなります。

このように、花粉症に対してプレドニンなどのステロイド薬が処方されることは少ないですが、症状によってはプレドニンが処方されることがもあります。例えば、抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬などが効果的で無い人などにプレ
ドニンが処方されることがあります。

プレドニンはステロイド薬の中でも強い方ではないので、短期的に症状を抑える際に使用する場合があります。
ですが、基本的には抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬が処方されることが多いので、ステロイドの副作用が心配だという人はプレドニン以外の処方をしてもらいましょう。