ミニブタ人と同様にアレルギー症状が強い場合や適応疾患がある場合は、犬や猫などのペットにもプレドニンが処方されることが多いです。ペットの症状によってステロイド内服薬が処方されるか判断されます。
基本的には、アレルギー系の疾患なら抗ヒスタミン薬や外用薬などが使用されます。

その他の疾患では症状によってプレドニンが処方されます。ペットに対してプレドニンを処方する際も、症状を見ながら獣医の指示に従ってプレドニンを適宜減量、増量していきます。ペットにプレドニンを処方する場合は注射などで直接血中に成分を入れる方法が多いです。内服薬では、ペットが吐き出してしまう可能性があるため、注射などが用いられます。

ステロイドはとても効果的で症状を鎮めることに役立ちますが、ステロイド薬の長期使用はステロイドホルモンの分泌を抑えてしまうため、ペットの場合でも長期連用は控えるようにしましょう。プレドニンの処方に関しては獣医の診断によって決まるので、適切な量を症状が緩和するまで使用しましょう。くれぐれも個人的な判断で量を増量したり、減量したりするのは控えましょう。もし、ペットに何かあったら、必ず獣医に相談して他の処方などをしてもらうようにしてください。











ペットに使用する際に気をつけたいこと

看護師犬や猫などのペットに使用する際にも、副作用には気をつけなくてはいけません。
プレドニンを服用すると消化不良、吐き気、食欲が増える、脂肪が増える、視力の低下などが起こる可能性があります。
これらの副作用は人間と同じく起こる可能性があるので注意が必要ですが、犬や猫などのペットの場合には副作用が出にくいことが確認されているので比較的安心して使用することができます。

ですが、ステロイドの服用に関して気を付けなければいけないのが長期連用です。ステロイドは即効性があり、素早く症状を抑えてくれるためペットに症状が出た際に使ってしまいがちです。

長期連用をしてしまうとステロイドホルモンが分泌されなくなり、減量時に副作用が起きる可能性があります。必ず、獣医の指示のもと適切にプレドニンを使用して、症状が緩和したら様子を見ながら減量するように心がけましょう。

もし、すでにステロイドを長期連用してしまっている場合は、獣医に相談するなどして別の代替え案などを出してもらい適切な処方に切り替えていきましょう。

犬や猫などのペットの場合、副作用が出ていても気づかない場合が多いので、よく観察しながら動物病院で診察してもらうようにしましょう。