ステロイドとは副腎皮質ホルモンとも呼ばれ、私達の体の中でも作られています。ステロイドは免疫力を正常に
コントロールしたり、炎症を鎮める働きのある非常に大切なホルモンです。

このステロイドを人の手で作ったものが「ステロイド薬」となります。化学合成されており、主に病気の治療に使用されます。ステロイド薬には塗るタイプ、飲むタイプ、注射するタイプなど様々な種類があるのが特徴。軟膏タイプのステロイドはドラッグストアなどでも販売されています。

【意外と知られていないステロイドの効果】

ステロイドと聞くと、なんとなく「病気を撃退する薬」とイメージしてしまう方も多いでしょう。ですが、ステロイドは病気を直接治療する薬では無く、病気による痒みや腫れといった症状を和らげ、免疫の異常(アレルギー)を抑える薬となっています。

間違った使い方をしなければ、高い症状緩和・抑制の効果が期待できます。

ステロイドの免疫抑制の働きは正常な免疫の働きも抑えてしまうので、長期的に使用すると病気にかかりやすくなります。
長期使用が必要な病気の場合は量や回数を調節しなければなりません。








ステロイド外用薬には強さの段階がある

ステロイド外用薬=塗り薬・軟膏タイプのステロイドには体内への吸収率から5段階に分けられています。順番は最も強い→
かなり強い→強い→普通→弱いとなっており、もっとも強いからといって必ず副作用が出る事はなく、弱いからといってたくさん使用
しても良い訳ではありません。

市販で購入する場合は薬剤師さんに症状や病気を伝えて、最適なステロイド外用薬を勧めてもらうようにしましょう。

ステロイド錠は飲み方にルールがある

内服するタイプのステロイド錠は「十分な効果が出たら徐々に量を減らす」「急に服用を止めてはいけない」といったルールがあります。
市販の風邪薬のように独断で服用するのは止めましょう。内服するタイプのステロイドは幅広い病気に使用されます。

処方箋なしに通販で取り寄せる事も可能ですが、できれば病院でしっかりと処方してもらったステロイド錠を服用してください。
ちなみに、ステロイドを長期間利用していると免疫力が低下することにより虫歯などの細菌感染しやすくなります。注意しましょう
福井の歯医者HPより

副作用や薬の強さが心配される「ステロイド」ですが、正しい使い方と知識で副作用などのリスクを下げ、十分な効果を発揮させる事は可能です。小さなお子さんやお年寄りには良くない、という話もありますが、ステロイド治療が必要な病気もあるので、医師の指示がある場合は素直に従うようにしましょう。

編集誤記
ステロイドにたよるまえに、サプリメントなどはどうでしょうか?医薬品ではないため堂々と効果はうたえないですが、医師や大学の研究機関で研究されたものがおおく試してみる価値はありそうです。

抗酸化サプリメントや飲む日焼け止めといわれる(ニュートロックスサン配合成分)食品はいかがでしょうか。