アトピー性皮膚炎などの治療に処方されているネリゾナ軟膏。

ネリゾナ軟膏は、とても作用が強いお薬で、重度の炎症や発疹。そしてかゆみを改善するお薬ですが、使い方を誤ると、症状を悪化させてしまうケースもあります。

今日は、そんなネリゾナ軟膏の副作用や注意点などについて詳しく見ていきましょう。

ネリゾナ軟膏の主な副作用とは

ネリゾナ軟膏に限らず、どのステロイドにも当てはまるのですが、主に問題視されている副作用は、

  • 皮膚萎縮
  • 発疹
  • 皮膚炎の増悪
  • ニキビ

このように言われています。









副作用を発症する確率は、正しく使用している場合は高いとは言えませんが、誤った使い方を長期にわたって行っていると高まる傾向にあります。

このような副作用が万が一あらわれた場合は、即座に使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

また、一般的な副作用に関しては上記に記載した通りですが、稀に発症する重篤な副作用で、

  • 緑内障
  • 白内障
  • 頭痛

このような症状があります。

少しでもいつもと違う異変を感じた場合は、かかりつけの医師の診断を仰ぐようにしてくださいね。

ネリゾナ軟膏を使用する際の注意点

実際に副作用を発症した症例を見てみると、処方部位以外の自己判断での使用や、小児の長期間の使用。
そして、顔や粘膜といった通常使用を禁じられている場所への使用がとても多く目立ちます。

特に副作用に多い皮膚萎縮は、皮膚が薄くなっていく症状が現れるのですが、使用継続期間が大きく影響しますので、医師に支持されている期間以外の使用はくれぐれも行わないように注意してください。

皮膚が薄くなると、バリア機能が低下して外部からのちょっとした刺激にも対応できなくなります。
そのため、皮膚炎の悪化や炎症の増悪という症状を発症しやすくなりますので、安易に考えずに、しっかりと理解した上で使用するようにしましょう。

まとめ

ネリゾナ軟膏の副作用や注意点をご紹介してきましたが、いかがでしたか。
もしも、少しでも当てはまる部分がありましたら、ネリゾナ軟膏を処方した医療機関や担当医に相談してください。

最後に保管方法にも十分気をつけるように心がけましょう。

特に開封済みの薬を長期間保存して使用するというのは、安全性や衛生面に欠ける行為になりますので、薬が残っていても症状が安定した場合は破棄するようにしましょう。