強力な効果をもつステロイド薬である「マイザー軟膏」

この薬のおかげで、アトピー性皮膚炎などの完治が見込めない患者さんが助かってきたことは言うまでもありませんよね。

しかし、高い効果を発揮するということは、副作用についてもきちんと考えていかないとけません。
そこで、マイザー軟膏でいったいどのような副作用が出るのかを、ご紹介していきたいと思います。

マイザー軟膏の副作用

マイザー軟膏の主な副作用として挙げられているのは、

  • 毛のう炎
  • ヘルペス
  • カンジダ
  • 水虫

このような症状です。

なぜ、マイザー軟膏の副作用でこのような症状が見られるのか不思議に思う方もいると思いますが、ステロイド薬というのは、私たちの体内にある副腎皮質ホルモンに働きかけます。
ここでは、免疫系の調整などを行っているため、免疫が関連して発症しやすいヘルペスやカンジダのような皮膚炎が、副作用として発生する事は珍しいことではありません。

マイザー軟膏の副作用リスクは低い方である

お薬には何度も言うように副作用が必ずついてまわります。
しかし、薬によっては、副作用のリスクを減らしているものもあり、マイザー軟膏もリスクが少ないお薬の一つです。

マイザー軟膏は、アンテドラッグと言われており、一部が吸収しても体内で不活性化するという特徴があるため、全身に副作用が及ぶような危険性はかなり低いでしょう。

ニキビと間違えやすい毛のう炎

マイザー軟膏の副作用として挙げられている「毛のう炎」ですが、この症状は非常にニキビと似ています。
小さな赤いポツポツしたものが皮膚に広がり、赤いできものの中心には膿を持っています。







女医ニキビと間違えて、アクネケアを行う方もいますが、基本的にはなにもしなくても時間とともに改善していきます。
ただし、症状が重い場合は受診が必要です。

毛のう炎を引き起こす直接の原因はブドウ球菌です。

ブドウ球菌が毛穴の炎症に入り込むことで、このようなニキビのような症状が引き起こされます。
これから暑くなる夏の時期は特に発生しやすいとも言われている一般的な皮膚炎のため、マイザー軟膏の副作用としてはあまり重く受け止めなくても大丈夫です。

マイザー軟膏で副作用が出た場合の処置とは

マイザー軟膏を使用していて、万が一上記のような副作用が認められたら直ちに使用を控え、かかりつけの皮膚科医に相談しましょう。

くれぐれも自己判断してしまわないように気をつけてくださいね。

皮膚科でよく処方されるピンクのあれ・・「ヒルドイド」についてはこちら 同様に皮膚科で人気のラロッシュポゼも皮膚に優しい日焼け止め、BBクリームなどがありますのでご紹介しておきます♪

「プラスリストア」はトラブルフリーな肌を目指します。