キンダベート軟膏がミディアムクラスの強さであり、皮膚の薄い部分や赤ちゃんにも使えることからその用途はさまざまです。

ステロイド特有の抗炎症作用が、皮膚炎やかゆみに効果を発揮するのはもうご存知ですね。その効果を使い軽い皮膚炎や炎症によるかゆみを取り除くことで、更に悪化したり、かきむしったりすることなく症状を治していくのが目的です。

 

赤ニキビやニキビ跡への使用

ニキビ赤ニキビやニキビ跡の場合、炎症が見て取れるので効果は期待出来そうですね。ただし、キンダベート軟膏を使ったニキビ治療は全ての人に有効ではありません。肌質は一人一人違うので、効果のある人と塗ったことで悪化する人もいると思われます。特に顔の場合だと、塗布後数時間で赤みやかゆみ、炎症を起こせばすぐに確認出来るので、直ちに使用するのをやめてください。そして湿疹など拒否反応が出るため、2週間以上の長期使用もいけません。

肌質に合い、ニキビの状態にしっくりくればキンダベート軟膏もありということになるでしょう。

必ず医師などの指導の下、使用するのは言うまでもありません。












赤ちゃんや子どもへの使用

赤ちゃんの「おむつかぶれ」や「あせも」は、おむつの使用や大量の汗で蒸れるなどの理由で炎症が広がります。ほとんどの場合は、市販のくすりを常備してあったりこまめに衣類を着替えさせたりと、いろんな工夫をして悪化を防いでいるでしょう。でもそれが追いつかないことだってあります。広範囲のかぶれやあせもとなると、かゆみも酷くなりかきむしりが出てくるなど、悪循環となりもう手に負えません。そこで皮膚科にかかり、キンダベート軟膏かもしくはそれより弱い薬で一気に治してあげるのも、一つの手段です。

 

赤ちゃんステロイド外用剤への不安は、赤ちゃんに使用するときに必ず感じることです。感じないのであれば、むしろ不安に感じてほしいくらいですね。

大人の体でも、例えば「おでこ」より「頬」の方が薬の吸収率が2倍もあります。「陰部」だと「頬」の3倍近くの吸収率です。

赤ちゃんや子どもは皮膚の表面の防御機能が未熟なので、吸収率は大人よりもあります。その各部位の吸収率と年齢、肌質そして症状の度合いなどを考慮した上で、どのランクなら大丈夫かを医師などと共に探る必要がありますね。

 

他にも炎症をともなう皮膚疾患は多数ありますが、どの場合においても医師の説明を細かく受けて正しく使用し、自己判断で使用しないことを強く願います。