ステロイドの中で一番作用が強いものを「1群」と呼んでいますが、この1群のステロイドである「ハロベート軟膏」は、かなり重度の皮膚疾患に使用されているお薬です。

ハロベート軟膏は、バリア機能が低下している肌の外部からの刺激による炎症反応を素早く鎮め、発疹・赤み・炎症を改善する効果がありますが、一体どのような場合に使用されて、高い効果を発揮しているのでしょうか。

今日は、ハロベート軟膏の効果に重点をおいて見ていきましょう。

ハロベート軟膏の効果・効能

ハロベート軟膏は、副腎皮質ホルモンと言われている人間の体内に存在している臓器「副腎」から作り出されているホルモンを人工的に再現している外用薬で、強い炎症細胞を抑える力を持っています。

もともと、アレルギー性の皮膚炎というのは、刺激に過剰反応して炎症を悪化させてしまっているので、この過剰な炎症反応を抑えると、あらゆる症状は緩和されます。

ただし、アレルギー体質自体を治療する効果はありませんので、あくまで症状に対して有効な薬であるというように考えてください。

アレルギーで反応する皮膚疾患というと、

蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
虫刺され
汗疹

このような症状が一般的ですよね。
上記で挙げた全ての皮膚炎に、ハロベート軟膏は高い効果を発揮します。

ただし、ステロイドというのは強ければ良いというものではありませんので、あくまで症状に適した強さの薬を使用するのが大切です。

使う薬を間違えてしまったり、使用法をしっかりと守らずに使用を長期間行っていると、思いもよらないような副作用に悩まされることもあります。

痒みや炎症を沈めてくれるからと安易に使用せずに、どうしても必要な時にだけ短期間使用し、その他の期間はステロイドの強さを落としながら上手に付き合って行くことをオススメします。





ハロベート軟膏は顔に使用できるのか

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_sハロベート軟膏をはじめとする1群のステロイドは、基本的に原則顔への使用を禁じています。

なぜ、ハロベート軟膏が顔に使用できないのかというと、顔というのは皮膚が薄く、薬の吸収率が高いためです。

ハロベート軟膏のような最強ランクのステロイドというのは、最も体内へ吸収されるような仕組みで薬が作られています。
そのため、吸収されやすい薬を吸収されやすい顔へと使用するのはリスクが高すぎるため、危険だと判断されています。

顔にステロイドを使用したい場合には、4群もしくは3群程度にとどめておき、1群のステロイドの使用は大人の四肢が好ましいとされていますので、陰部などの粘膜部分への使用も避けてください。

100%ピュアプラセンタエキスだけをつめこんだ高濃度サプリで毎日美容習慣。
プラセンタを詳しく知りたい方