忙しくて病院に行く時間がない。

小さな子供がいて病院には行きにくい。

このような方も多いと思います。

ニキビなどの肌あれにも高い効果を発揮すると評判高い外用薬がゲンタシンですが、このお薬は病院に行かなくても市販として購入できたり、通販で買えたりするものなのでしょうか。

薬が欲しいけれど何らかの事情で病院には行けなくて困っているという方は、必見です!

ゲンタシンの通販とは

ゲンタシンは、基本的に処方箋が必要なお薬です。そのため、薬局で「ゲンタシンをください」と薬剤師さんにいっても、「では処方箋を持ってきてください」と言われてしまうだけです。

ということは、当然通信販売でも購入が難しいと思いますよね。

ところが、ゲンタシンを通販で購入できる方法があったんです!
その方法とは、「個人輸入」です。

ゲンタシンを個人輸入するには

そもそも個人輸入って何?という方もいると思いますので、個人輸入についての簡単なご説明からしますね。

個人輸入とは、厚生労働省が認めている方法で、違法に通販で入手するという方法ではありません。例えば、日本では無認可の医薬品が入手できたり、通常日本では処方箋が必要なお薬を海外から個人的に輸入が行えます。

ただし、どんな薬でも手に入るわけではもちろんありません。
厚生労働省では、覚せい剤や大麻。そして、指定薬物は禁じており、比較的外用薬などは入手しやすい傾向にあります。

ゲンタシンに関しても、個人輸入するのは合法とされているので、輸入代行業者から通販での購入が可能です。

ただし、最近では悪質な輸入代行業者もいるため、個人輸入に慣れていない方は十分な注意が必要ですし、使ったことのないような副作用やアレルギーの懸念がある医薬品は避けるのが妥当です。
※個人輸入での使用は全て自己責任となります。









ゲンタシンの市販薬ってあるの!?

ゲンタシン軟膏もしくはゲンタシンクリームといったお薬は市販されていません。
その代わり、同じような効果を持つ2種類の抗生物質を配合している「ドルマイシン軟膏」というお薬が、ゲンタシンの代わりをしてくれると評判です。

「ドルマイシン軟膏」

効果・効能:外傷・火傷等の化膿予防及び治療、膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹、グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患、化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍

用途・用量:通常1日1~3回、適量を取り、患部に直接又はガーゼなどに塗って用いる。

成分1g中:コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン) 50000単位、バシトラシン 250単位

希望小売価格:6g:600円、12g:1,000円

以上は、メーカーHPから一部抜粋しています。
なお、このお薬は、第2類医薬品となりますので、薬剤師や登録販売者により販売が許可されています。

http://xn--eckybybn2ps01rot4a.com/