フルメタ軟膏は医療用の医薬品で、医師の処方に基づく処方箋を使用することで調剤薬局で購入出来ます。 フルメタ軟膏を入手する方法は、実は処方箋で調剤薬局を利用する以外にもありますので、どんな入手法があるのか知りたい方は是非参考になさってくださいね。

フルメタ軟膏の購入

医師の診察を受ける

診察

フルメタ軟膏を購入する際には医師の診察を受け、皮膚の状態を確認してから処方されます。 診察の際に処方される薬の用法や用量だけではなく、患部への塗り方などが指導されます。 フルメタ軟膏と一緒に、保湿効果が高いワセリンなどの保湿剤や非ステロイド剤の塗り薬も処方されることがあります。
また、皮膚の症状が複数個所に渡ったり症状が異なる場合には、部位や症状に合ったステロイド剤もフルメタ軟膏と一緒に処方されます。

処方箋を調剤薬局へ持参する

調剤薬局では薬剤師がアンケートにお薬手帳や薬の購入履歴などを参考にして、飲み合わせや既往症の確認を行ってから処方箋に基づいて薬を用意します。 院内薬局でも処方箋で薬を出してくれることがありますので確認をしてみてくださいね。
土日祝日や救急そして夜間の受診の際には、薬を院内で処方してくれることもあります。 当番制度のある地域では、調剤薬局が交代で空いているので、夜間や休日に薬の処方をお願いすることも出来ます。











フルメタ軟膏の市販について

処方箋

フルメタ軟膏は市販されておらず、処方箋による購入しか国内ではできません。 個人輸入で海外からフルメタ軟膏を購入をする方もいらっしゃいますが、医師の診察の元での処方がのぞましとされており、国内で発行された処方箋で薬を海外で処方してもらっても送料があるので高くついてしまいます。
また個人輸入だと、自費診療で処方される薬は国内で処方されるよりもリーズナブルな価格で購入することができます。
けれどもフルメタ軟膏は基本的には保険診療内で処方されることが多いので、個人輸入した方が高額になってしまうことが珍しくありません。 安価で購入したいとお考えの方は、医師の診察を受け調剤薬局で処方してもらいましょう。

フルメタ軟膏は、日本国内で購入する場合には医師の処方箋による購入がお勧めです。 処方を受けたい場合には、病院やクリニックで専門医に相談して症状に合った薬を処方してもらってくださいね。
また、軟膏は正しく保管すれば使用期限まで使用することができます。 けれども勝手に自己判断で使用するのは避け、症状に合った使い方・用量を医師に確認してから使用を再開してくださいね。