あらゆるアレルギー性の皮膚炎に効果が高い副腎皮質ホルモン「ステロイド剤」ですが、薬の強さには5段階のランクがあり、中でも一番強いランクに属しているのがデルモベート軟膏です。
このデルモベート軟膏は、なかなか改善されない皮膚炎や、症状が重症であると医師が判断した場合に処方されるとても強いステロイド剤となっているので、使用法や注意点がとても多くあります。

今日は、そんなデルモベート軟膏の正しい使用法と、顔や陰部への使用についてお話ししたいと思います。





デルモベート軟膏の正しい使用方法

デルモベート軟膏は、とても強いステロイド剤のため、以下の患者さんには基本的に処方されることはありません。
nurse

  • 小児である
  • 症状が軽い
  • 効き目が穏やかなステロイド剤で代用が可能
  • 皮膚が薄い箇所の発疹・炎症

デルモベート軟膏が処方されるケースというのは、5段階のうち2~5群のステロイド剤が効果が薄く、症状の改善が見込めないと医師が判断した時のみに処方されています。

デルモベート軟膏は発売されているステロイド剤の中で最強クラスの外用薬であるため、副作用が起こる可能性も高くなります。
そのため、治療目的で使用する際には、

088907

  • 短期間の使用
  • 用法・用量の厳守
  • 処方された部位のみ使用

このような約束事項をしっかりと確認してください。






基本的には、1群という「最強」クラスのステロイド剤が顔や陰部への使用で処方されることはありません。

もともと顔や陰部というのは他の部位に比べると皮膚が薄く、薬を吸収しやすい箇所になります。
そのため、デルモベート軟膏のような強い軟膏を使用するのは推進されておらず、体幹部のみの短期間の使用が好ましいでしょう。
また、インフルエンザなどの予防接種を受けている場合は念のため、医師に相談してください

顔や陰部に対してステロイド剤を使用する際には、3群もしくは4群あたりのステロイド剤が適していると言われており、

4群クラス ロコイド軟膏・キンダベート軟膏
3群クラス ボアラ軟膏・リンデロンV軟膏

このようなステロイド剤が適しているでしょう。

また、3群クラスのステロイド剤の小児の顔や陰部への使用は、基本的には行いません。

大人が顔や陰部に3群クラスの強さのステロイド剤を使用する際には、「フルコート」などの市販薬も発売されていますが、基本的には医療機関で診察をしてもらってから使用するのがオススメです。