虫刺されによる激しい炎症や、アトピー性皮膚炎の重度のかゆみや湿疹にも対応できるデルモベート軟膏。
この薬は副腎皮質ホルモンと言われているステロイド剤です

デルモベート軟膏の大きな特徴は、多くの種類のステロイド剤の中でも作用がとても強力であり、5段階のステロイドの強さの中では1群という最も強いランクに属しているという点です。

では、デルモベート軟膏の主な効果・効能についてご紹介していきますのでご覧下さい。

デルモベート軟膏の効果・効能

デルモベート軟膏は、あらゆる皮膚炎に高い効果を発揮します。
ただし、ウイルス性の皮膚疾患や真菌による疾患には効果を発揮しないため、あくまでその他の皮膚疾患に有効です。






具体的な皮膚疾患を挙げると、
042520

  • アトピー性皮膚炎
  • 日光皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 虫刺され
  • 紅皮症
  • ケロイド
  • 脂漏
  • 慢性円板状エリテマトーデス

このような疾患が挙げられますが、他にもたくさんの皮膚疾患に有効です。
効果としては、強い痒みを沈めたり、炎症や発疹という症状を改善します。

ただし、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に関しては症状が改善しても完治することはありませんので、症状が悪化した場合には繰り返し使用することもあります。
ちなみに、エプソムソルト(硫化マグネシウム)などをお風呂にいれると保湿力があがりアトピーにもよいとされていますし、プラセンタなどもアトピーの方にとっても人気です。
※エプソムソルトは、海にある塩みたいなもの、夏海にいくと小さいお子さんの軽いアトピーが治ったりするあれですね。







デルモベート軟膏の危険性

デルモベート軟膏は医師から処方される処方薬のため、基本的には医師が必要であると診断した際には、用法用量をしっかりと厳守していれば問題はありません。
ただし、使い方には十分注意してリスクを最小限まで減らす努力が必要です。

デルモベート軟膏は、効果がとても高い分、副作用というリスクも高まります。

副作用で懸念されているのは、皮膚を萎縮させたり、肌のバリア機能を低下させてしまうといった点ですが、短期間の使用であれば特に問題はありません。

ただし、小児の使用や妊娠中・授乳中の女性の使用は、原則禁止されています。

nurse
理由としては、小児の長期的な使用は、発育障害を引き起こす可能性があるという点と、妊娠中もしくは授乳中の女性が使用する際には、胎児や授乳している赤ちゃんに支障が出る可能性があるからです。

デルモベート軟膏を効果的に、なおかつ安全に使用するには、正しい使用法をしっかりと確認することがとても大切です。
何度もお伝えしていますが、とても作用が強いお薬になりますので注意点を是非参考にしてください。