ベトノバール軟膏の使い方としては下記のとおりです。

通常は、症状によって1日に数回、適量を患部に塗ります。
ただし、使用するにあたり注意が必要な人がいます。

小児や乳児

小

広範囲に使用したり、密封法で使用した場合、発達障害を引き起こす可能性があります。長期的に使用する際には十分注意してください。オムツも密封法にあたりますのでご注意を。

妊娠中または授乳中の人

実際のところ、妊婦に対する安全性は確立されていません。小児同様に、広範囲の長期的な使用は避けたほうがいいでしょう。当然密封法での使用もNGです。

高齢者

高齢者

通常よりも副作用が出やすい可能性があるため、長期的な使用は避けたほうがいいでしょう。広範囲での密封法による使用はさらにNGです。







その他注意が必要な人

基本的に下記の方は使用不可と判断します。

ゲンタマイシン耐性菌または非感性菌が原因の皮膚感染がある人

疥癬や毛じらみなどの動物性の皮膚疾患がある人

真菌やウイルス皮膚感染症がある人

湿疹性外耳道炎の人

ベーチェット病を除く腫瘍がある人

深在性以上の熱傷や凍傷

含まれる成分に過敏症の人






正しい使用方法を守れば、安全に使用することが可能です。たくさん塗れば効くというわけではありません。ついたっぷり塗りたくなることもあると思いますが、薄く伸ばすように塗りましょう。特に広範囲に使用する際には、薄く薄く塗ることをおすすめします。

また、使う場所によって吸収率が違います。場所によってはさらに少ない量で使用してもいいでしょう。
腕の内側を1として、下記のような吸収率になります。

  • 頭・・・3.5
  • おでこ・・・6.5
  • あご・・・13
  • 脇・・・3.6
  • 手のひら・・・0.83
  • 背中・・・1.7
  • 腕外側・・・1.1
  • 陰のう・・・42
  • 足首・・・0.42
  • 足裏・・・0.14
  • 部位によって、かなり吸収率が違ってきます。使用前に一度確認してみましょう。