ステロイド剤の中でも「最強」の強さを誇るデルモベート軟膏。

この外用薬は主にアレルギー性の皮膚疾患に高い効果をもたらします。
アレルギー性の皮膚疾患の代表とも言われているアトピー性皮膚炎は、10年前と比較すると発症率がかなり上がっており、症状の改善に向けてステロイド剤は大活躍しています。

そこで今日は、デルモベート軟膏とアトピー性皮膚炎についてスポットを当てていきましょう。





現代で増え続けるアトピー性皮膚炎とは

kayuiアトピー性皮膚炎は、アレルギーが原因で引き起こされる皮膚炎です。
症状は、主に痒みを伴う湿疹や皮膚の炎症であり、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。
一時的に症状が改善されても「完治」することはなく、「寛解」と言われている症状が落ち着いている状態を指すため、決して油断はできません。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質が親から引き継がれるケースが多く、両親ともにアレルギー疾患をお持ちの場合は、70%の確率で子供に遺伝します。
今現在、アトピー性皮膚炎を完治させる特効薬は開発されていないため、治療は副腎皮質ホルモン「ステロイド剤」を用いた対処療法のみになります。



また、アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下することで悪化するため、ステロイド剤の多様は厳禁です。
ステロイド剤には、副作用として皮膚を薄くする可能性があるため、症状に適したステロイド剤を短期的に使用していきます。

デルモベート軟膏は、1~5群という強さのランクの中で、1群と言われている「最強」クラスのステロイド剤です。

強い炎症や発疹には短期的にデルモベート軟膏が処方される場合がありますが、基本的には3群2群という強さのランクで処方されます。
また、アトピー性皮膚炎で辛いのは「痒み」です。
この痒みを速やかに沈めて症状を緩和するには、ステロイド剤と飲み薬の併用が効果的です。

kusuri_nomu飲み薬には抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が処方されるケースが多いのですが、眠気が強く出る内服薬も多いため、体に合わないという場合には、ステロイド剤のみの使用で治療を行っていく場合もあります。

デルモベート軟膏は、小児に処方されるケースはほぼなく、大人でありなおかつ症状が顔や粘膜以外の箇所となっています。

手足などの皮膚が比較的厚く、副作用が出にくい場所には処方される可能性も高いので、必ず処方された部位のみの使用を厳守してください。

妊婦さん、特に妊娠超初期の状態などおでは使わないほうが良い気もしますね。