皮膚のかゆみや炎症に処方されることの多い外用薬「アルメタ軟膏」
このお薬は、合成副腎皮質ホルモンと言われているステロイドとなりますが、人体にどのように作用して、どんな効果・効能を発揮するのでしょうか。
まず、皮膚炎に効果を発揮する仕組みと、アルメタ軟膏の効果・効能を見ていきましょう。

アルメタ軟膏が皮膚炎に効果を発揮する仕組み

アルメタ軟膏
※参考Google画像検索

アルメタ軟膏は、冒頭でご紹介したように「合成副腎皮質ホルモン」と言われているお薬なのですが、そもそも副腎とは私たちの体の中にある臓器の1つです。 副腎がある場所は、腎臓の上であり、ここではホルモンの分泌を行っています。

ホルモンは炎症を抑えてくれる作用などがあるため、このホルモンを人工的に薬として合成されて作り出されたのが、「合成副腎皮質ホルモン剤」です。

合成副腎皮質ホルモン剤には、様々な種類がありますが、どの薬も5段階の強さでランク分けされています。 皮膚科などの医療機関で一番多く処方されているのが、アルメタ軟膏の所属している4群という中程度の強さを持つ薬と、そのもう1ランク上の3群にあたる薬です。

アルメタ軟膏の作用はとても穏やかで、ステロイドに明記されている副作用が起こりにくいと言われているため、子供からお年寄りにまで処方されています。

アルメタ軟膏の効果・効能

アルメタ軟膏の効果・効能は、 ・痒み ・赤み ・腫れ ・ただれ このような症状に主に効果を発揮し、
・アトピー性皮膚炎
・蕁麻疹
・虫刺され
・あせも
・皮膚炎群
・乾癬
・紅斑症
・薬疹、中毒疹
・紅皮症
・特発性色素性紫斑
・慢性円板状エリテマトーデス

以上のような皮膚炎に効果があると塩野義製薬の公式サイトにも記載されています。








アルメタ軟膏でアトピー性皮膚炎は完治するのか

アトピー性皮膚炎の治療にアルメタ軟膏はよく処方されていますが、アルメタ軟膏の使用でアトピー性皮膚炎の症状が改善されても完治することはありません。 もともと合成副腎皮質ホルモンと言われているステロイドには、皮膚炎を治す力はなく、対処療法として症状の改善を行う効果しかありません。

そのため、ステロイドを使用して症状が改善されても、またいつどこで症状を発症してもおかしくないので、症状が出た時の改善薬として考えることしかできません。 今の日本の医療ではアトピー性皮膚炎の特効薬は望めないため、このような症状を改善させる方法で治療を行うのが主流です。