薬剤師
一般的に処方されることも多い「アンテベート軟膏」

このお薬は副腎皮質ホルモンと言われているステロイドでもありますので、副作用が気になるところです。

ステロイドは、アトピー性皮膚炎をはじめとする完治するのが難しいとされている皮膚疾患の治療には大いに貢献してくれる優れた効果を発揮する外用薬ですが、一方で「皮膚を薄くする」「免疫力を低下させる」といった副作用が懸念されています。

考え方は十人十色となっており賛否両論も多いため、ステロイドが有効か否かに関しては言及できませんが、アンテベート軟膏を安全に使用していくためにも、「アンテベート軟膏の副作用」について今日は検証していきたいと思います。






アンテベート軟膏に副作用は存在するのか

医薬品であれば、すべての薬に「副作用」は存在します。

副作用は、湿疹がでる・体が痒くなるなどといった比較的軽症なものから、大きな障害をもたらす重大なものまでありますので、用法や用量に関しては厳守するというのが一般的です。

アンテベート軟膏は、ステロイドの中でも「2群(berrystrong)」と言われているかなり強力な作用を持つことで知られていますが、副作用のリスクは低いと言われているお薬のため、一般的に処方される確率が高いステロイドとして知られています。

しかし、そんなアンテベート軟膏であっても、使い方を誤れば副作用のリスクは高まります。

例えば、顔や粘膜などの皮膚が薄い場所への使用です。

アンテベート軟膏は、皮膚が硬化した部分に関しても優れた効果を持つステロイドとして知られていますが、皮膚が薄い場所へ使用すると過度の浸透が懸念されるため、基本的には原則禁止です。

そして、小児の使用についても推進されておらず、極力使用は避けるのが好ましいとされています。

また、化粧下地としての使用やひげ剃り後の保湿として使用するのは禁止されており、このような誤った使用法が副作用のリスクを上げてしまっているのも現状です。

内服薬と比較しても、外用薬というのは副作用のリスクが低いとされていますので、
塗り薬を指に出している

  • 連続使用期間
  • 用量
  • 部位

このような点をしっかりとクリアしていれば、副作用にそこまで覚えることなく快適に使用できるでしょう。

また、アレルギーがある場合やその他の皮膚疾患を持っているという場合に関しては、医師にきちんと申告するようにしてくださいね。